JP | EN
知名度とその使用
2016年04月21日

広島は永ちゃんの町だ。子供の頃から僕はとにかく有名になりたかった。幸いにして人よりもずいぶん足が速かったものだから、これを徹底的に磨いて世の中に出てやろうと頑張った。23歳でメダルを獲得し、25歳でプロになり、それなりに街を歩いていると声をかけられるようになった。永ちゃんには程遠いけれど広島の時からすると信じられないような知名度だと思う。

人から注目されたり尊敬されるのはとても気持ちがいい。一旦有名になったら、もっとそれが欲しくなって、知名度をさらに高める為に、または維持する為にいろんなことを仕掛けていく。意思決定もそれで知名度は上がるのかという観点ですることが多くなる。外から見てこれはカッコよく見えるのかという考え方が増えていく。社内でいいアイデアが浮かぶとこれでまた世の中に為末ブランドが浸透するねと喜ぶ。

ところがうちの会社としてはそれでよかったはずなのに、ここ数年帰り道で一人で歩いている時に考え込んでしまうことが増えてきた。

”それで知名度を上げるために頑張り続けたとして、どこまで行けば満足できるんだろうか”

何のために有名になるのか。そんなことを考えもしないで、必死で登ってきたわけで、もちろんそうでないと登れない時もあったのだけれど、どこまで登りたいなんてことは考えたことがなかった。

あまりいい人ぶるわけではないけれど(いい人の転落が一番面白いのでリスクヘッジしないと)、自分が持っているものをできれば人の幸せに関することに使いたいなと考えるようになってきた。人を幸せにしたいというよりも、どうもそうでもしないと自分が幸せになれないんじゃないかという気がしてきたからだ。

何のために有名になるのか。永平寺で、精進料理を食べた時に、なんでこんな食べ方をするのですかと尋ねたら和尚さんが、”貪らないようにです”とおっしゃった。貪りには底がなく、満足がなく、自分でもどう止めていいかわからないところがある。空っぽになった井戸の底をひたすらに漁るような生き方もある。

死ぬまでに使えるものは使っておきたいなと思う。できれば有効に

THINK MORE
MAIL MAGAZINE