JP | EN
負け癖
2015年04月05日

引退してしばらくしてなかったけれど、機会があったので後輩に恒例の説教をした。今回のテーマは負け癖についての話だった。少しまとめてみようと思う。

負け癖と私たちはよく言うけれど、具体的に負け癖とはどんな癖のことだろうか。今回は勝負しなければならない人を対象に話をする。負け癖を二つに分けると

・敗北への定着

・勝利への躊躇

だと思っている。

まず本当に負け癖がある人は実は負けることがあまりない。というのも彼らは勝負自体をしていないので、明確な勝ち負けというのを明らかにしないで生きている。勝負というものは遠くの誰かがやっているもので、自分の人生とは無縁であると思っている。つまり勝利はおろか勝負というアイデアが人生にない。

彼らは勝利というのがどういうものかという味自体を知らないかもうすっかり忘れてしまったので、勝利と言われてもピンとこない。だから全く他人事のように勝利を眺めてしまう。最初のうちはほとんどなかった差が、傍観者でいる間にどんどんと開いていき、いずれまるで生まれた頃からそうだったように感じて生きている。傍観者でいることにすっかり慣れてしまっている。

誰でも勝者になれるという乱暴な意見を言っているわけではない。戦っても勝てないこともあるだろう。ただ負け癖のもっとも深刻な状態は、勝負をするというアイデア自体がすっかりなくなってしまうということだ。厄介なことに勝負を降り切るとそれなりにそこは居心地が良くなってしまう。特に勝負を降りた友達がたくさんいる場合。みんなで滅びに向かえばさほどさみしさを感じない。

もう一つの勝利への躊躇は、勝負はしようとしているけれど、勝ちきれない人に当てはまる。ずっと手に入れたかったものが本当に手に入りそうになる時、人は恐れ、戸惑い、緊張する。これを乗り越えてようやく勝利し、それを繰り返すことで勝利に慣れ始めるのだけれど、負け癖がある人はこれを乗り越えられない。つまり勝利に躊躇し、つまづく。

やっと勝利が手に入りそうだという瞬間、様々な迷いが生まれる。かなりの確率で手に入りそうな状況からそれがすり抜けたら一生後悔するのではないか。他のライバルが仕掛けてくるんじゃないか。いろんな考えが頭に浮かび、手に入れることが現実になりそうになればなるほど、緊張し、動きが自然でなくなる。そして何かのきっかけで動きが滞り、勝利をさらわれる。

厄介なのは、これが1、2度続くとまたあれが起きるのではないかという恐れが、さらに緊張を加速させ、本当にまた勝利を手放してしまう。そうなると完全に癖になってしまい、勝利が近づけば近づくほど、まるで自分の体がそれを嫌がるようにことごとく勝利を手放してしまう。

結局のところ、負け癖を直すには、小さくてもいいから勝利するしかない。自分は勝利してもいい側なんだという許可を自分に与えるため、また自分を信用させるために積み重ねて、勝つ。この小さな勝利を積み重ねそれを自分に印象付け、繰り返すことで負け癖が取り除かれる。間違えてもいきなり大きな勝利を手に入れようとしてはいけない。同じことを繰り返してしまい、言葉は勇ましくなっても、自分の本心がどんどん自分の言葉を信じなくなる。あくまで大事なことは現実の勝利を積み重ねることだと思う。そうすることで、人は自分の言葉と本心のズレがなくなっていき、次第に自分の実力が勝負どころで出せるようになる。

さあ、若者よ。勝利の許可を自らに与えるのだ。長年座り続けてきた敗者の席を立つ決意をするのだ。自分を支配しているものを認識し、行動と小さな結果によって、自分自身を変えていくのだ。そうなれば勝利はさほど夢物語ではない。

THINK MORE
MAIL MAGAZINE