JP | EN
精神的成熟と恐れについて
2018年10月08日

スポーツを行うことで(もちろんスポーツだけではないし、スポーツをしたから必ず成熟するわけでもないが)競技成績とは別に手に入るものでよく知られているのに精神的成熟というものがある。確かに時々アスリートを見て老成していると感じることがあるが、それらは一体どこから来るのか。また精神的成熟とは一体なんなのか。

精神的成熟を私の定義で一言で言えば、自分で自分をよく知り扱えるようになることだ。この定義で言えば、精神的に成熟をしていても全てがうまくできるとは限らないし、わからないことも、技能的に未熟なこともある。だから精神的成熟は、技能の成熟ではないし、賢さでもない。精神的成熟とは自分を上手く扱えるようになることにすぎない。ただ、精神的に成熟すれば少なくとも感情的なものから来る自滅は避けられる。そして世の中の敗因で、自分にひきづられて自滅することがいかに多いことか。

人間が困難に面した時、本能的に戦うか、逃げるか(またはすくむか)のどれかで反応する。肉食動物がまさに自分を襲おうとしている状況では、相手とも一対一であることも多く、これらの反応は合理的と言える。ただ、複雑に人が絡み合う現代社会においてはこれらの反応が自分を有利に運んでくれることは少ない。戦うか逃げるか黙り込むかでは、少し考えただけでも状況を改善してくれそうにないことは理解できる。つまり最初の反射的な反応では状況が悪化することが多いので、一旦客観的に状況を見て、合理的と思われる解を実行する必要がある。

もちろん、いくら考えて出した結論でも上手くいかないことは多い。ただ、考えて出した結論が上手くいかなければ、それから得られたフィードバックでさらに考えが深まりより良い決断をできるようになる。しかしながら、あくまでこれらは自分と切り離して考えられていることが条件で、反射的な反応を考えている風に実行しただけれであれば学習は難しい。感情のベースにあるのは快不快(好き嫌い)で、快不快は自然に湧き上がるものでそれ自体には良いも悪いもない。ただ、それを理解できず、快不快(好き嫌い)と合理的な考えが混ざる人間はいずれ自滅する。※1何しろ本当の原因が自分だと気づかないので、何回やっても敗因分析が上手くいかないからだ。

※1ここでいう問題は快不快から考えが始まることではなく(人間なんでもベースは快不快からくる)、本当は個人的な快不快からきているのに、自分の快不快とは関係なく誰から見ても客観的で合理的な判断だと勘違いしてしまうことの問題

危険は現実だけれども、恐れは自分の頭が作り出している。確かに蛇は毒を持っていることもあるが、別に蛇を見ただけで慌てて逃げる必要も固まる必要はない。そのような恐怖に縛られればいずれ蛇がいそうなエリアを避けるようになる。多くの場合、危険と恐れはかなりずれている。何が本当の危険で何は自分の頭が作り出している恐れなのか。恐れと危険の違いが理解できるだけで相当に人は自由になれる。悩み、立ち竦むこともなくなる。

私たちは目の前の問題に対処しようとするが、もっとも大きな問題は自分である。自分の癖を理解し、押さえつけすぎて壊れないようにし、一方で自分に振り回されないようにし、子供を扱うように折りあいながらすべきことをすれば、あとは全て学習の機会にすぎない。続ければいずれ技能は習熟する。ただし自己理解は内省しなければいつまでたっても成熟しない。成熟しないどころか高齢になればより頑なになってしまう。スポーツは癖が勝敗というとても明らかな形で自分の前と人々の前に出現するから、精神的成熟に有利な状況であると言える。所詮はこの私という存在も目的達成のための手段に過ぎない。自分にこだわるから自滅する。

THINK MORE