JP | EN
自分発とはなにか
2015年10月03日
人には感情や意思、自発的な動機というものがはっきりとあるというのをもとに様々な仕組みは作られているのだけれど、本当によく考えてみると一体何が自分発なのかという事が僕はよくわからない。意図や感情も僕にはよくわからない。
少年が人を殴り逮捕される。幼少期虐待を受けていて、劣悪な社会環境で育っていたことがわかる。当日彼を挑発していた人がいたこともわかる。罪は彼のものだけれど、その原因は何なのか。トリガーになったものはなんなのか。
私が陸上競技を好んだのはなぜなのか。自分がそう感じたからとも言えるけれど、好ましいと思うような家庭や社会環境で育ったからとも言える。感情と言われるものはどの程度私のものなのか。仮に無人島で育った時感情はどうなるのか。
私は比較的努力をした方だったと思うけれど、誰でも僕ぐらい足が速く生まれればやれば結果が出るので面白くて努力したと思う。25年の現役生活は私の意志の強さだったのか、それともただ生まれついた環境によるものか。最初の成功体験は運の要素が強い。

人が椅子に座ったとも言えるけれど、椅子が人に座ることを促したとも言える。日常の行為はどの程度自発的なのか。かなりのものは習慣で、その習慣すら受動的なものから形成されてはいないか。そして習慣に後から意味づけしている可能性はないか。

昔はしぜんではなく、じねんと言っていたらしい。しぜんは自分がながめている外界のことだけれど、じねんという言葉にはながめている自分も含まれるようだ。私があるというアイデアで今の社会はできているけれども、その私は一体何によって生まれてきて、動いているのかを一生懸命考えてみても私にはわからない。

THINK MORE
MAIL MAGAZINE