JP | EN
about Dai Tamesue
為末大について

為末大

1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初めてメダルを獲得。3度のオリンピックに出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2019年5月現在)。
現在はSports×Technologyに関するプロジェクトを行う株式会社Deportare Partners(http://www.deportarepartners.tokyo/)の代表、「アスリートが社会に貢献する」ことをめざす一般社団法人アスリートソサエティ(http://www.athletesociety.org/)の代表理事を務める。

新豊洲Brilliaランニングスタジアム(http://running-stadium.tokyo/)館長。
主な著書に、『走る哲学』(扶桑社、2012年)、『諦める力』(プレジデント社、2013年)などがある。

その他の役職

ブータン五輪委員会(BOC)スポーツ親善大使

為末大の講演、イベント、番組出演、取材、その他ご相談についてはこちらよりお問い合わせください。